神前結婚式の流れ(式次第)

トップページ

神社の由緒・概要

神社の祭礼・行事

祈祷・御祓

初穂料(料金)について

神社で挙げる結婚式

神社への交通

サイトマップ
挙式当日までの流れ

神前結婚式の式次第

参進の儀

開式(かいしき)
  太鼓を打ちます。

斎主一拝(さいしゅいっぱい)
  挙式を始める上での神様へのご挨拶。

三献のお盃(さんこんのおさかずき)
  御神酒を三つの盃で汲み交わし夫婦の契りを結びます。

誓詞奏上(せいしそうじょう)
  結婚に対する誓いのの言葉を神様に申し上げます。

指輪交換の儀(ゆびわとりかわしのぎ)
  お互いの誓いを込めて指輪を交換します。

親族固めの盃(しんぞくかためのさかずき)
  両家が御神酒を汲み交わし親族としての絆を結びます。

斎主挨拶(さいしゅあいさつ)
  斎主挨拶の後太鼓を打ちます。
修祓(しゅばつ)
  心身を清らかにする儀式。新郎新婦両家の皆様を御祓いいたします。

祝詞奏上(のりとそうじょう)
  夫婦になることを奉告し神様に感謝と末永い幸せを祈願します。

豊栄の舞御奉奏(とよさかのまいごほうそう)
  お二人の門出を祝し巫女が優美に舞います。

新郎新婦玉串奉奠(やまぐしほうてん)
  新郎新婦が祈念を玉串に込めて神前へ奉じ神様に拝礼します。

御両家玉串奉奠(たまぐしほうてん)
  媒酌人が神前に玉串を奉じ参列者揃って神様に拝礼します。

斎主一拝(さいしゅいっぱい)
  挙式を修める上での神様へのご挨拶。


  
  
  挙式所要時間はおよそ30分です。